鋳造欠陥

【ちゅうぞうけっかん】

最終更新日:2016-04-28 (木) 18:32:54






目次 [非表示]

[編集]概要

鋳造体が補綴物としてその性能を十分に発揮するためには,より完成度の高い物としなければならない。すなわち,その外形が忠実に原型を再現している上に,内部も欠陥のない状態でなければならない。鋳造時に鋳造体に発生する様々な不具合(主に構造欠陥)を「鋳造欠陥」と呼ぶ。鋳造欠陥は,鋳造操作の各段階で発生するが,生じる場所やその原因により様々に分類されている。


[編集]分類

欠陥現象欠陥原因
鋳巣(巣)引け巣,ブローホール
鋳込み不足なめられ,湯境い,背圧多孔
鋳肌あれ合金と埋没材の反応,鋳型内面のあれ
ホットスポット
突起とバリ突起,バリ
偏析
適合不良




[編集]出典

歯科理工学 (新歯科技工士教本)










[編集]関連語句




[編集]広告





 カテゴリ : 理工学 >> 鋳造 >> INDEX >> た行

check