軟化熱処理

【なんかねつしょり】

最終更新日:2016-03-20 (日) 17:07:31






鋳造体の偏析やひずみを取り除くため固相点以下の温度で加熱後,急冷する操作。この熱処理鋳造体の硬化が均一になるように硬化熱処理に先立って行われるもので,一般に金合金では700℃10分間加熱すべきものとされている。


[編集]関連語句








INDEX >> な行

check