後堤法

【こうていほう】

最終更新日:&lastmod






目次 [非表示]

[編集]概要

上顎義歯床後縁の粘膜面側に堤状の隆起を設けて,後縁封鎖性を増して義歯の維持安定をはかる方法。また,レジンの重合収縮による後縁の浮き上がりの補正,義歯床の変形防止,舌感の向上等の効果が期待できる。設定方法としては,印象時に行う方法と作業模型上に掘り込みを行う方法がある。


[編集]種類


  • 画像説明(左より)
    • ギージー法
    • ケーラー法
    • スウェンソン法
    • 村岡法


[編集]関連語句











 カテゴリ : 補綴 >> 義歯 >> 有床義歯 >> INDEX >> か行

check