床用アクリリック・レジン

最終更新日:2016-11-14 (月) 23:52:44


目次 [非表示]

[編集]【概要】

  • 歯科用材料 03 義歯床材料
  • 管理医療機器 義歯床用アクリル系レジン(70824000)
  • 医療機器届出番号 220AABZX00070000
  • 歯科用樹脂として最も広範に使用されるレジン
  • ポリマーモノマーの混合体を常温または加熱して重合,硬化させる
  • 常温重合レジンの重合促進剤としては第三級アミンが一般的に用いられる


[編集]【禁忌・禁止】


メタクリレート系ポリマー,メタクリレート系モノマーに対して,発疹,皮膚炎などの過敏症の既往歴のある患者には使用しないこと。




[編集]【形状・構造及び原理等】

  • 概要:本財は,義歯床として使用する加熱重合レジンである。
  • 形状(主成分)
    • 粉末(メタクリル酸エステル重合体)
    • 液 (メタクリル酸メチル)
  • 原理
    • 粉末と液を混合すると粉末が膨潤し餅状になり,加熱により重合硬化に至る。


[編集]【使用目的,効能又は効果】

メタクリル酸エステル単量体及び重合体を主成分とし,加熱重合法によって義歯床を製作するために用いる。


[編集]【品目仕様等】

  • 該当規格:JIS T 6501「義歯床用アクリル系レジン」(タイプ1 クラス1)
  • 物理的性質
    項目規格参考値
    可塑性適合
    粉液比 (P/L)(g/ml)100/43
    曲げ強さ (MPa)65MPa以上90.7
    曲げ弾性率(MPa)2000MPa以上2804.5
    吸水量(μg/m㎥)32μg/m㎥以下22.9
    溶解度(μg/m㎥)1.6μg/m㎥以下0.3
    色調安定性変色を認めないこと変色せず



[編集]【操作方法又は使用方法等】

  1. ロウ義歯の石膏埋没

    通報に従いロウ技師を石膏にて金属フラスコに埋没します

  2. 義歯床用レジン分離材の塗布

    通報に従い脱ロウ後,石膏面を沸騰水で充分洗浄してください。脱ロウが不十分な場合,レジン歯への結合が弱くなりますので中止してください。
    石膏面を沸騰水で充分洗浄し,義歯床用レジン分離材(ジーシーニューアクルセップ等)を均一に塗布し乾燥します。

  3. 計量

    粉末100gに対し,液43mlの割合で計量します。

  4. 混和・熟成

    混和器に必要な液をとり,計量した粉末量の約80%を一気に加えます。つぎに容器を軽く叩き液が表面に浮き出たところで,残りの20%の粉末を容器を叩きながらふりかけ,表面に液層が残らないようにします。混和器のフタをしめて餅状になるまで放置します。環境温度と餅状化時間の関係(目安)を以下に示します。
    また,23℃における填入時間の目安はおよそ30分から25分間です。
    環境温度と餅状化時間の関係

    環境温度18℃23℃28℃
    餅状化時間約85分約30分約15分
  5. 填入および加圧

    餅状物を一塊にして容器から取り出し,直接手で触れないようにポリエチレンシートで包み,フラスコに填入し形を整えバリが出なくなるまで2~3回の充分な試圧を行います。

  6. 加熱重合

    冷水から約30分で沸騰するように加熱し,沸騰後30~40分係留して重合を終了します。床用レジン自動重合装置を使用する場合は自動重合装置の使用説明書に従って重合してください。

  7. 冷却

    重合後,フラスコを30分以上室温にて放冷した後,冷水に入れて完全に冷却し,義歯を掘り出します。
    (冷却時の温度変化を緩やかにすることにより,冷却時の変形を抑えることが期待できることから,重合装置からフラスコを取り出さずに一晩かけて常温まで冷却し,義歯を掘り出します。)

  8. 研磨

    通法により研磨します。

  9. 保管

    完成した義歯床は,口腔内に装着するまで水中に保管してください。

    [使用方法に関連する使用上の注意]

  • 粉末と液の容器は,使用後すぐに密栓すること。


[編集]【使用上の注意】

  1. 使用注意
    1. 本材は,標準粉液比(粉/液=100g/43ml)で使用すること。
    2. 本材を火気の近くで使用したり,火気の近くに置かないこと。また,テーブル,床上などにこぼしたときは,すぐに乾いた布でよく拭き取ること。
    3. 本材を使用する際には,適切な換気(1時間当たり数回の換気)がなされている場所で使用すること。
    4. 重合した義歯床は,水中に保存し,残留モノマーを溶出させてから,口腔内に装着すること。
    5. 本材を高温となる場所(ストーブの側,直射日光の当たる場所など)に放置しないこと。
    6. 開封後はできるだけすみやかに使用すること。
    7. 他の製品と混用しないこと。
    8. 本材は,【使用目的,効能又は効果】に記載の用途以外には使用しないこと。
    9. 本材は,歯科医療有資格者以外は使用しないこと。
  2. 重要な基本的注意
    1. メタクリレート系ポリマー,メタクリレート系モノマーに対して発疹,皮膚炎などの過敏症の既往歴のある患者には使用しないこと。
    2. 本材の使用により発疹などの過敏症状を起こした患者には,使用を中止し,すぐに医師の診断を受けさせること。
    3. 本材に対して発疹,皮膚炎などの過敏症の既往歴のある術者は,本材を使用しないこと。また,使用により過敏症状を起こしたときは,使用を中止し,すぐに医師の診断を受けること。
    4. 液又は液と粉末の混合物は,直接素手で触れないこと。また,皮膚に付着させたり,目に入らないように注意すること。皮膚に付着させたときは,すぐにアルコールばぢで拭った後,流水で洗浄すること。万一目に入ったときは,すぐに多量の流水で洗浄し,眼科医の診断を受けること。


[編集]【貯蔵・保管方法及び使用期間等】

[貯蔵・保管方法]

  • 本材は,火気厳禁の冷暗所に保管し,一つの保管庫に大量に保管しないこと。
  • 本材は,歯科の従事者以外が触れないように適切に保管・管理すること。
  • 使用及び保管場所には,消火装置を備えること。
    [使用期限]
  • 本材は,包装に記載の使用期限*1までに使用すること。


[編集]【包装】

  • [色調]
    • 9色=No.1クリアピンク,No.2ライトピンク,No.3ピンク,No.4ダークピンク,No.5クリア,No.6ナチュラルライトピンク,No.7ナチュラルダークピンク,No.8ライブピンク,No.9ペールピンク
  • [包装]
    • 粉末=瓶入500g,シンプルパック1kg,缶入10kg
    • 液 =瓶入250g(270ml),缶入2.5kg(2.7L)


[編集]【製造販売業者及び製造業者の氏名又は名称及び住所等】

  • 製造販売元・製造元:株式会社ジーシーデンタルプロダクツ
  • 住所:〒486-0844 愛知県春日井市鳥居松町2丁目285番地
  • 製造元:株式会社ジーシー
  • 住所:〒174-8585 東京都板橋区蓮沼町76番1号
  • 電話番号:(フリーダイヤル)0120-416480


[編集]【出典】

  • ジーシー アクロン 取説*2


[編集]【関連語句】




[編集]【LINEで送る】

LINEで送る










 カテゴリ : 義歯 >> 有床義歯 >> 床用レジン >> INDEX >> さ行


*1 (例 EXP.2010-02 は使用期限2010年2月を示す。)
*2 2008年04月08日作成(新様式第1版)
check