平線咬合器

【へいせんこうごうき】

最終更新日:2016-03-24 (木) 15:05:51







plain_line_articulator.jpg






 咬合器開発の黎明期に登場したもので,上下顎模型弓が単純な蝶番によって連結されていて,咬頭嵌合位の再現と開閉運動しか行えない。操作性に優れ,構造及び使用法が単純なため,かつては広く使用されていた。複雑な下顎運動の再現は不可能なため,この咬合器上で生体に調和した補綴物を製作することは難しい。






[編集]関連語句










[編集]広告






INDEX >> は行

check