咬合面

【こうごうめん】

最終更新日:2016-04-06 (水) 21:07:30

上下顎臼歯部の咬頭の間にある相対向する陥凹している面のことで,上下の歯を咬合させることによって咀嚼機能を実現する。隆線,裂溝,等で構成されている。なお,前歯部では咬合面は形成されず,切縁が形成される。





[編集]関連語句













 カテゴリ : 解剖学 >> INDEX >> か行

check