作業模型

【さぎょうもけい】

最終更新日:2016-04-13 (水) 23:06:15






目次 [非表示]

[編集]概要

間接法により補綴物,充填物,矯正装置等を製作するための模型。石膏を使用するのが一般的であるが,エポキシ樹脂等を使用する場合もある。
歯冠修復物を製作する際の作業模型は以下のように分類される。

  • 単純式模型
  • 歯型固着式模型
  • 副歯型式模型
  • 歯型可撤式模型
  • 分割復位式模型



[編集]有歯顎

部分床義歯用作業模型の要件を以下に示す。


[編集]上顎無歯顎

上顎無歯顎用作業模型の要件を以下に示す。


[編集]下顎無歯顎

下顎無歯顎用作業模型の要件を以下に示す。


  • 作業模型の描記要件
    • 歯槽頂線
    • 臼後三角
    • 臼歯部排列後方限界:スキーゾーン前縁より前方に8mm


[編集]関連語句








 カテゴリ : 補綴 >> 義歯 >> 有床義歯 >> 歯冠修復 >> INDEX >> さ行

check