低温長時間重合法

【ていおんちょうじかんじゅうごうほう】

最終更新日:2016-04-20 (水) 17:15:38






目次 [非表示]

[編集]概要

アクリリック・レジンの湿熱式重合法の一種。
一般に,電気式温水器を使用して7~8時間の重合を行う。
適合精度が良好なため支持者が多い重合法ではある。
しかし,地球温暖化抑止施策が促進される現在においてはタブー視していったほうが良いのではないか?
他に適合精度を担保する方法がないなら選択の余地はあるが,現在は同程度の適合を補償する方法は
ある!
例えば圧縮重合法をご覧頂きたい。射出填入法の設備が必要となるが,レジンをスプルーから圧縮するだけで低温長時間重合法を凌駕する適合を手中にできる。
さらに,熱可塑性アクリルレジン床義歯では肉眼的には石膏との間隙はゼロにすることが可能である。


[編集]システム構成

  • 画像左:アクアマラソン
  • 画像右:電気式スープ鍋*1


[編集]適合サンプル




[編集]関連語句










 カテゴリ : 理工学 >> 重合 >> 補綴 >> 義歯 >> 有床義歯 >> INDEX >> た行


*1 コレで充分ではないか?
check