ワックス

最終更新日:2016-03-21 (月) 16:05:20






目次 [非表示]

[編集]概要

 飽和または不飽和脂肪酸と高級1価ないし2価アルコール類のエステルを主成分とする物質の総称。原材料から植物性,動物性,鉱物性ワックスに大別される。

植物性カルナウバ,カンデリラ
動物性蜜蝋(ビーズワックス)
鉱物性パラフィン,セレシン,ミクロクリスタリン


 使用目的によりこれらの原材料が混合され,場合によっては樹脂類も混合されて物性が調整される。


[編集]種類と用途

種類用途
鋳造インレーワックスインレー,クラウン,ブリッジ
シートワックス金属床
レディキャスティングワックスクラスプバー
義歯パラフィンワックス仮床,咬合堤,咬合採得用
その他ユーティリティワックス補助的用途
スティッキーワックス仮着




[編集]成分の役割

成分役割
パラフィン主成分,40~60%
カルナウバ蝋軟化温度の上昇,硬さの増加,フローの抑制
蜜蝋脆さの改善
ダンマル表面滑沢と粘りの付与
セレシン脆さの是正と彫刻性の付与




[編集]出典

  • 医歯薬出版/新歯科技工士教本「歯科理工学」


[編集]関連語句











INDEX >> わ行

check