リライニング

最終更新日:2016-03-20 (日) 15:47:45


顎堤の吸収により不適合となった義歯に,新しい床材料を裏張りして適合状態の回復を図り,再び維持,安定を得る方法で,口腔内で常温重合レジンまたは光重合レジンで回復する直接法と,不適合義歯で印象を採得し,フラスコ埋没後印象材を除去してレジンを填入して重合する間接法とがある。


[編集]関連語句










[編集]広告






INDEX >> ら行

check