ミニレ

最終更新日:2016-03-20 (日) 17:11:15






目次 [非表示]

[編集]概要

【超硬歯科樹脂射出成形システム】

21世紀歯科医療に不可欠のバイオマテリアルとして注目される高分子化合物・スーパーレジン。
レイニング工法システムは<石膏型に射出成形する独自の方式>により新素材ポリサルホン樹脂の世界初の歯科補綴分野への導入を果たすとともに,歯科補綴物の求められる<寸法精度>,<軽量>,<審美性>,<物性安定>,そして<人体への安全性>というベーシックな要点を踏まえた補綴物製作装置を完成いたしました。
このレイニング工法により製作されるポリサルホン義歯床はすでに健康保険に登録され,その実績が高く評価されるとともに皆様の健康のお役に立っております。
さてこの度,クラウン・ブリッジ専用の複合化高弾性樹脂の商品化を記念し,ミニレイニングシステム(超硬歯科樹脂射出成形システム)を同時発売いたします。
超硬歯科樹脂射出成形機はレイニング工法システム大型機のコンピュータ制御のノウハウをコンパクトにまとめ,クラウン・ブリッジから総義歯まで製作いただける他,矯正装置,特殊義歯床等にもご利用いただけ,幅広いニーズにおこたえできる機種構成となっております。
優れた高分子材料と新技術の合体はあらゆる補綴物製作に高品質化,高能率化をお約束いたします。

【出典:ミニレカタログより引用】


[編集]システム構成

  • ショットマシン

  • ドライヤー

  • フラスコ




[編集]コントロールパネル

  1. ノズルヒーター(電源)スイッチ
  2. 油圧ポンプスイッチ
  3. リフトアップスイッチ
  4. 射出スイッチ
  5. 射出タイマー
  6. 射出完了ブザー
  7. 油圧ポンプ用パイロットランプ
  8. リフター用パイロットランプ


[編集]操作手順

  1. 樹脂ドライヤースイッチON

  2. 4時間以上経過後ノズルヒーターON


  3. 油圧ポンプ用冷却水スイッチON

  4. ヒートセンサーを樹脂溶解温度に設定


  5. ヒートセンサーが設定温度に達したら乾燥済み樹脂を追加しながら空打ち*1


  6. 新しい樹脂が射出されたらテストピースショット


  7. テストピースを確認後フラスコをセットして射出成型


  8. 成型終了後ヒートセンサーをアイドルに設定



[編集]関連語句


INDEX >> ま行


*1 およそ3回繰り返すと新しい樹脂に入れ替わる
check