バルプラスト

最終更新日:2016-11-14 (月) 23:41:17


目次 [非表示]

[編集]概要

  • ポリアミドナイロンを原料とするノンクラスプデンチャーの材料の一種。
  • 1956年にアメリカ合衆国で開発されて以来,欧米を含む世界95カ国以上で認められている。
  • バルプラスト社はスーパーポリアミドと称している。
  • 日本国内においては,旧バルプラストジャパン(現㈱ユニバル)が、平成20年4月9日に薬事認証を取得する。
  • バルプラストは、ポリアミド系樹脂であり、99.9%ナイロン12である。
  • 製造販売認証番号:220ADBZX00061000*1
    【資料提供:(株)ユニバル】


[編集]特徴

  • バルプラストは,従来のアクリリック・レジンに比べて弾性係数が小さく,曲げ強さも約1/3である。
  • 最大応力に達しても破断しない強靭さと弾力性を有している。
  • アクリリック・レジンよりも床を薄く出来て異物感が少ない。
  • 弾性を利用して欠損側隣在歯の唇・頬・舌側歯面に床を接触させて維持と把持を図る。
  • フィンガーと呼ばれる腕をアンダーカットに伸ばして義歯の維持を図る。
  • 床の色は半透明であり,歯肉と義歯床の境界が判別できないほど自然観がある。
  • リペア液の薬事承認を受けたことにより,修理が出来るようになった。
    【資料提供:(株)ユニバル】


[編集]物性

応力―ひずみ曲線

【資料提供:(株)ユニバル】


[編集]完成品サンプル










[編集]関連語句

[編集]LINEで送る

LINEで送る




 カテゴリ : 補綴学 >> 有床義歯 >> 理工学 >> 床用レジン >>INDEX >> は行


*1 平成20年4月9日取得
check