バイオ・トーン

最終更新日:2016-06-13 (月) 20:53:40






目次 [非表示]

[編集]概要

[編集]形状・構造及び原理等

  • 包装:1kg
  • 形状:ペレット状
  • 成分:ポリアミド,色素
  • 原理:本品を加熱溶解し,型に射出成型することにより所定の形状に成型する
  • 色調:クリアー,#1クリアーピンク,#2ライトピンク,#3ピンク,#ORオリジナル,New#7ニューライブピンク,#7αリアルピンク



[編集]使用目的・効能又は効果

義歯床,仮床,バイトプレート,個人トレー,ナイトガード,スプリント等の製作に使用。


[編集]品目仕様等

項   目仕 様
曲げ強さ(MPa)55~65
曲げ弾性率(MPa)1300~1700
レジン歯との結合力上顎用50~100
下顎用30~60
吸水量(mg/c㎡)0~0.1
溶解量(mg/c㎡)0~0.01




[編集]商品見本




[編集]作業手順

  1. 設計
  2. 人工歯の維持形態

    • 樹脂の弾性が高いため,横穴は貫通している必要がある
  3. 口蓋部の肉厚
    • 口蓋部のワックスの厚みは1.4mm
  4. 一次埋没・スプルー植立
  5. コーティング・二次埋没
  6. 脱蝋
  7. 樹脂の乾燥
  8. 樹脂の溶解
  9. 各射出成型機のマニュアルに従いショット
  10. 成型品の取り出し
  11. 研磨
    1. 技工用タングステンバーで研削
    2. スルホンパットハード又はハイデンタルパットハードによる低回転での粗研磨
    3. 歯間乳頭部等の細部をラバーポイントブルーで研磨
    4. スルホンパットソフト又はハイデンタルパットソフトによる中低速回転での研磨
    5. ダイヤブラシとスルホンサンドで砂研磨
    6. スリムブラシとスルホンサンドでレーズ研磨
    7. ペースト製仕上研磨材で布バフ等で仕上研磨*1*2


[編集]使用上の注意

  1. 使用注意
    • 本品の硬化物を研削,研磨する際には,局所集塵装置,公的機関が認可した防塵マスク等を使用すること。
    • 本品は使用目的・効能又は効果の項に記載の用途以外には使用しないこと。
    • 本品は歯科医療有資格者以外が使用しないこと。
  2. 重要な基本的注意
    • 本品の使用により発疹,皮膚炎などの過敏症状が現れた患者には,使用を中止し,医師の診察を受けさせること。
    • 本品の使用により発疹,皮膚炎などの過敏症状が現れた術者には,使用を中止し,医師の診察を受けさせること。
  3. 70℃以上の温水に浸漬しないこと。(義歯変形防止のため)*3


[編集]貯蔵・保管方法及び使用期間等

  1. 貯蔵・保管方法
    • 本品は,高温,多湿又は直射日光を避けて保管すること。
    • 本品は使用後,必ず蓋を閉めて保管すること。
    • 本品は歯科の従事者以外が触れないように適切に保管・管理すること。
  2. 使用期限
    • 本品は包装,容器に記載の使用期限までに使用すること。*4


[編集]出典

  • ハイデンタル・ジャパン株式会社バイオ・トーン取説





[編集]関連語句


 カテゴリ : 補綴学 >> 有床義歯 >> 理工学 >> 床用レジン >>INDEX >> は行


*1 最初は発熱に注意しながらやや強めにレーズホイールを当てる
*2 艶が出てきたら徐々に軽めにホイールを当てながら最終仕上げ
*3 日常生活の飲食には差し支えありません
*4 使用期限は当社データによる
check