チタン床義歯

【―しょうぎし】

最終更新日:2016-04-18 (月) 20:42:45






目次 [非表示]

[編集]概要

チタンは,18世紀末に発見された比較的新しい金属で,ギリシャ神話の巨人族タイタン(Titan) にちなんで名付けられた。鉄の2倍の強度をもち,金合金の約1/4と軽量でありながら高い耐熱性を持ち 常温で変質することはない。チタンが人体に優しいとされる根拠は,表面に人間の骨組織に近い皮膜 を形成し,それがチタン本体の錆や変質を防ぐためである。
チタン床の臨床応用が実現されたのは比較的新しく1980年代後半であった。技工関連雑誌に掲載 された都賀谷紀宏の画像には無数にベントが張り付いていて強く印象に残っている。
川島哲によれば、純チタンは軟らかいためパーシャルデンチャーに使用するにはまだ材料の改良が 必要としている。


[編集]鋳造システム

[編集]サンプル




[編集]関連語句

check