オーバーヒート

最終更新日:2016-04-02 (土) 11:55:17

適正な温度以上に加熱すること。鋳造時に,合金をオーバーヒートさせるとガスを吸収しやすくなり,合金元素の酸化を招きブローホールや鋳肌荒れなどの原因となる。また,埋没材のオーバーヒートは埋没材自体の分解や合金との焼き付き等の原因となる。








[編集]関連語句













 カテゴリ : 理工学 >> INDEX >> あ行

check