オルガニックオクルージョン

最終更新日:2016-04-02 (土) 12:01:17









目次 [非表示]

[編集]概要

 ミューチュアリープロテクティッドオクルージョンをさらに精密に推し進めた理想咬合のひとつ。以下の特徴が挙げられる。

  1. 中心位咬頭嵌合位の一致(ポイントセントリック*1
  2. 臼歯群はカスプトゥフォッサの関係で,対合歯と3点接触で咬合する
  3. 前方運動時は前歯群によりガイドされる
  4. 側方運動時は犬歯によりガイドされる
     以上の特徴から,偏心運動中には臼歯部は全て離開するため,離開咬合ディスクルージョン)の別名もある。この咬合様式は,咬合調整や小規模補綴等で実現できるものではなく,オーラルリハビリテーションのための補綴学理想咬合とされている。


[編集]出典

  • 医歯薬/図解咬合の基礎知識


[編集]関連語句










 カテゴリ : 咬合 >> INDEX >> あ行


*1 三島の渡辺氏はこの理論をとんでもない学説と酷評していた。筆者もそんな思いを持っていた一人ではあるが,とてもWEB上から配信する勇気などあるはずもなく渡辺氏には敬意を持っていたが,平成22年1月逝去された。衷心よりご冥福を祈念します。
check